LIVE
20.07.03

円城寺あや 舞台出演情報

2020年7月3日(金)~19日(日)下北沢ザ・スズナリで燐光群『天神さまのほそみち』が上演されます。

『天神さまのほそみち』は、3月3日に惜しまれつつ亡くなった別役実の戯曲の中で「もっとも不条理」と評されることのある、怒涛の対話劇。「孤独」な登場人物たちの群像劇は、ある意味で、別役戯曲・最大の難関といえるだろう。

別役と劇作家協会等の活動でも親交のあった燐光群主宰の坂手洋二が、この鮮烈な鎮魂歌を、現在に再生させる。さらに、作品の設定にあわせて、会場である下北沢ザ・スズナリの搬入口や出入口を、可能な限りオープンし、開放的なステージとする。

電信柱とベンチという空間設定で書かれ、1979年に文学座で初演された本作は、同時期の『赤色エレジー』同様、作者自身の青春を回想する生々しさが滲む芸術性の高い作品。作中の救いのないカタストロフは、大きく変わってしまった街と共同体の変容そのものであり、時代が別役作品の喚起するボーダーに達してしまったと言えるだろう。

本作の示すコミュニケーションの衝突は、SNSに象徴される現在の諸問題を予見したもの。別役作品の言語的強さを生かした演出により、初演時にはなかった現実社会の「内向」「排他」「分断」が鮮明にされる。「個」の情報がそぎ落とされた別役作品の対話のメカニズム、その閉鎖された関係性に陥ってゆくプロセスを演劇化すべきなのは、まさに今であると考えている。

本公演は、<別役実メモリアル>として上演されるが、これから一定の期間、過去にも別役作品を上演してきたカンパニー等が、別役作品を上演していくこととなった。詳細は少しずつ発表されるが、別役の作品を新たに見つめ直し、多くの人と共有することで、その魅力と本質が、次の世代へと受け継がれていくことだろう。


《公演情報》
■作:別役実
■演出:坂手洋二

【出演者】
さとうこうじ 鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和
円城寺あや 鬼頭典子 杉山英之 荻野貴継
樋尾麻衣子 武山尚史 町田敬介 中山マリ(Voice)

【日程】
2020年7月3日(金)~ 19 日(日)

【会場】
下北沢ザ・スズナリ(東京都世田谷区北沢1-45-15)

【料金・チケット】
全席指定  6月21日(日)前売開始
一般前売 3,800 円 ペア前売 7,000 円 当日 4,200 円
U-25/大学・専門学校生 1,500 円 高校生以下 500 円
※U-25以下の割引は前売・当日共通料金。当日受付にて要証明書提示。

【ご予約・お問合せ】
当日精算予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/bykth2020
①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。
こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
フォームでは自動返信メールにて予約完了となりますが、メール不着の際はご連絡ください。
②当日、ご来場の際に、受付で代金と引換でチケットをお渡しします。2F客席にお入り頂くまでに多少時間がかかりますので、日除け・暑さ対策をお願いします。
開演後は、お入り頂きやすいお席へのご案内となります。お早めのご来場をお願いします。
未就学児のご入場はご遠慮下さい。

燐光群/(有)グッドフェローズ
03-3426-6294

状況により、公演情報が変わる可能性があります。ご予約前・ご来場前に、燐光群の公式サイトをご確認ください。
http://rinkogun.com/