右手 愛美

SNS情報

右手 愛美

Ute Manami

生年月日
1987年(昭和62年)8月24日

 

出身地
愛知県(名古屋弁が話せる)

 

サイズ
身長 167cm/B 86cm・W 58cm・H 86cm
足のサイズ 23.5cm

 

趣 味・特 技
作詞・ダンス・絵

 

 

略 歴
ローティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』(学研)のモデルとして2001年芸能界入り。“うてちん”の愛称で親しまれ、表紙を飾ること多数。主な読者である女子小・中学生を中心に『カリスマモデル』と呼ばれ、アイドル的存在になる。
2003年のモデルたちと「ピポ☆エンジェルズ」を結成し、3枚のCDをリリース。
また、ソロとしてもドラマ等に出演する傍ら、2005年にインディーズレーベル「ナナイロ・レコード」を立ち上げ、HALプロデュースの「虹のトビラ」でデビュー。
2ndシングル「あたしのとなり」もHAをプロデューサーに迎え話題となり、
2006年「Go-Go-Fighteen!」でコナミデジタルエンタテインメントよりメジャーデビュー。
4月には第5回モルディブイメージガールコンテストでグランプリを受賞。
6月ピチレモンの専属モデルを卒業し、その後は「ENVY」などの雑誌でモデルとして活躍。
2008年11月からモデル・女優仲間と共に、アクセサリーをプロデュース。
2008年、本格派の女優になるべく舞台・映画・ドラマを中心に活動。
2009年はひょっとこ乱舞・柿喰う客など注目の劇団にゲスト参加。
バラエティ豊かな声と、手足の長さを活かしたキレのある動きで注目を集める。
2010年柿喰う客「The Heavy User」のフランス・トルコ公演では、高速早口言葉で外国人を圧倒させる。

 

★ピチレモンオーディショングランプリ(2001)
★第5回モルディブイメージガールコンテスト・グランプリ(2006)
★ミスFLASH2007ファイナリスト

お知らせNEWS

ピックアップ情報PICK UP

<劇団ピヨピヨレボリューション>
ピヨピヨレボリューションとは・・・
右手愛美の描くポップだが確かな後味の残る世界観を、歌、ダンス、台詞にのせて表現。
主宰でもあり、脚本・音楽・プロデュースを右手愛美が担当。
まるで音楽ライブを観ているノリでストーリーを楽しむ、お客様も一体となったエンタテイメントショー!
名づけて『ライブstyle演劇』を体現する団体である。

 

★音楽朗読劇『おんなのフシダラケ』(作・演出:右手愛美 2013年11月)
★音楽朗読劇『未熟な、ふるんちゅ』(作・演出:右手愛美、2014年4月11日~13日・下北沢亭)
★『土砂降りぶりっこ』(2014年4月 スペース雑遊)
★『妖怪パラダイス』(2015年9月 花やしき座)
★『Gliese』(2016年4月 シアターノルン)
※同作品は初の1ヶ月に渡るロングラン公演であるとともに、全36ステージにリジッター企画、劇団フルタ丸、
スパローズ、日本女子プロ将棋協会等の日替わり団体ゲストが出演、観客動員数2000人を突破した。
★『土砂降りぶりっこ』(2017年4月 中野MOMO)
★『リバース、リバース、リバース!Reverse,Rivers,Rebirth !』(2017年2月 虎ノ門ギャラリー)
★『妖怪パラダイス』(2017年6月 下北沢シアター711)
★『革命☆☆☆☆☆未来部~第一章 南国学園の荒々しい呼吸~』(2017年7月 浅草九劇)
★黄金のコメディフェスティバル『ボーイ・ミート・ガール!!~凝り性のサンタ、苦労する~』
(2017年11月 シアター風姿花伝)
★『疫病神』(2018年2月、北とぴあ)つつじホール)

レギュラー出演REGULAR WORKS

[ テレビ ]
NHK総合「うまいッ!」

[ ラジオ ]
文化放送「キャイ~ンのガクラン♪」(毎週月曜18:30~18:45)

出演歴HISTORY

[ テレビ ]
~ドラマ~
■フジテレビ   
「Room Of King」演出:大宮エリー(2008年)
「誰も守れない」監督:杉山泰一(2009年)
■BS-i 
「怪談 新耳袋 欠席届」(2005年/主演)
■メ~テレ 
「奥さまA」(2003年)
■東映ビデオ
「ピチモでドラマ-私がモデルになれた理由-」(2005年/主演)
■WEBドラマ
「ミルパパ」監督:村上賢司、吉田浩太(2005年/主演)

~バラエティ~
■日本テレビ
「PON!」(お天気お姉さん/火曜日・金曜日担当)
「芸人報道」(2013年)
■TBS
「100秒博士アカデミー」
「リンカーン」(2006年)
■テレビ朝日
「「ぷっ」すま」(2006年)
■テレビ東京
「Parky Party」(2002年)
■仙台放送
「ピチレモンがやってくる!ハロピチピチモ放送局」(2004年)
■テレビ愛知
「遊びに行こっ!」(2004年/メインパーソナリティ)
■あっとおどろく放送局
「劇団秋葉」(2011年/メインパーソナリティ)
■テレビ埼玉・他12局 
「方言彼女。」(2010年~)

[ ラジオ ]
■TBS-R
「ピチモのサタ・ピチ」 (2002年)
「ピポ☆エンジェルズのハッピーラブチャット!!」(FM大阪/2006年)

[ CM ]
マクドナルド「ハッピーセット」 (2002年)
タカラ「OSHALEG!」 (2003年)
タカラ「GEIGEKIゴーゴーシューティング」 (2003年)
コナミ「Elebits(エレビッツ)」 (2006年)
大正製薬「リポビタンファイン」 (2007年)
富士フィルム「FINEPIX」 (2010年)
ANA「旅割REVIEW」 (2010年)
パナソニック「ラムダッシュ×方言彼女。」 (2012年)
ライトオン「ライトオン×方言彼女。」 (2012年)

[ 映画 ]
映画WEBシネマ「リアルシスター」主演 富沢 義彦監督、旭 正嗣監督 (2007年)
「真木栗ノ穴」深川栄洋監督(2008年)
第20回 東京国際映画祭「日本映画・ある視点」公式出品作品
「ドロップ」品川 ヒロシ監督(2009年)
「GANTZ」佐藤信介監督(2011年) 
「騒音」関根勤監督

[ 舞台 ]
「蜘蛛之巣医院」主演(2007年/東宝ミュージックカレッジ内ライブホール)
「LUNAR BUS 720」主演(2007年/麻布ディアプラッツ 演出:富沢 義彦)
「ココ・スマイル5」 (2007年/全労済ホール、スペースゼロ)
「長崎の鐘」 (2008年 紀伊国屋ホール 演出:岡部 耕大)
ひょっとこ乱舞「旅がはてしない」演出:広田 淳一 (2009年/東京芸術劇場小ホール1)
Artist☆Artistプロデュース「僕の東京日記」 演出:小川 絵梨子(2009年/六行会ホール)
柿喰う客スポーツ演劇「すこやか息子」演出:中屋敷 法仁 (2009年/王子小劇場)
渋ハチプロデュース「花いちもんめ」演出:高橋 努 (2010年/笹塚ファクトリー)
柿喰う客「The Heavy User」 (2010年/「仙功寺」本堂 フランス・トルコ)
柿喰う客「露出狂」 (2010年/東京・王子小劇場  大阪・精華小劇場)
劇団秋葉「劇団秋葉〜GEKIAKI〜」 (2010年/DRESS AKIBA HALL)
キャラメルボックス×柿喰う客「ナツヤスミ語辞典」 (2011年/新国立劇場小ホール)
柿喰う客「悩殺ハムレット」 演出:中屋敷 法仁(2011年/シアタートラム)
柿喰う客「八幡製鉄所」 (2011年/枝光本町商店街アイアンシアター)
退屈なアイドル脚本・演出:右手愛美 (2012年/アルファクロス)
ダウト!国立公安女子高 (2012年/銀座博品館劇場)
音楽朗読劇「おんなのフシダラケ」
燐光群「現代能楽集 初めてなのに知っていた」作・演出:坂手洋二(2014年3月16日~31日/下北沢ザ・スズナリ)
音楽朗読劇「未熟な、ふるんちゅ」
チームホッシーナ カフェ公演「ダルマdeシアター PART3」(2014年5月)

<劇団ピヨピヨレボリューション>
ピヨピヨレボリューションとは・・・
右手愛美の描くポップだが確かな後味の残る世界観を、歌、ダンス、台詞にのせて表現。
主宰でもあり、脚本・音楽・プロデュースを右手愛美が担当。
まるで音楽ライブを観ているノリでストーリーを楽しむ、お客様も一体となったエンタテイメントショー!
名づけて『ライブstyle演劇』を体現する団体である。

★音楽朗読劇『おんなのフシダラケ』(作・演出:右手愛美 2013年11月)
★音楽朗読劇『未熟な、ふるんちゅ』(作・演出:右手愛美、2014年4月11日~13日・下北沢亭)
★『土砂降りぶりっこ』(2014年4月 スペース雑遊)
★『妖怪パラダイス』(2015年9月 花やしき座)
★『Gliese』(2016年4月 シアターノルン)
※同作品は初の1ヶ月に渡るロングラン公演であるとともに、全36ステージにリジッター企画、劇団フルタ丸、
スパローズ、日本女子プロ将棋協会等の日替わり団体ゲストが出演、観客動員数2000人を突破した
★『土砂降りぶりっこ』(2017年4月 中野MOMO)
★『リバース、リバース、リバース!Reverse,Rivers,Rebirth !』(2017年2月 虎ノ門ギャラリー)
★『妖怪パラダイス』(2017年6月 下北沢シアター711)
★『革命☆☆☆☆☆未来部~第一章 南国学園の荒々しい呼吸~』(2017年7月 浅草九劇)
★黄金のコメディフェスティバル『ボーイ・ミート・ガール!!~凝り性のサンタ、苦労する~』
(2017年11月 シアター風姿花伝)
★『疫病神』(2018年2月、北とぴあ)つつじホール)

[ 書籍 ]
「ピチレモン」専属モデル(学研/2001~2006年)
エンタメ情報フリーペーパー「Birth-Day」レギュラーモデル
「コミック・ガンボ」(株式会社デジマ)
「ヤングマガジン」(講談社)
「BOMB」(学研)
「ENVY」
「プレイボーイ」(集英社)
「月間100 アニバーサリー」(新潮社)
「FINE BOYS」(日之出出版)

[ CD ]
HALプロデュース1stソロ「虹のトビラ」(2005年)
HALプロデュース2ndソロ「あたしのとなり」(2005年)
HALプロデュース・メジャー移籍MAXIシングル「Go-Go-Fighteen!」(2006年)

◆ピポ☆エンジェルズ名義◆
「Luvly,Merry-Go-Round」(2003年)
「100%ピュア」(2004年)
「ナナイロの楽園」(2007年)


[ DVD ]
「GROWING UP 右手愛美」(ハピネット・ピクチャーズ/2004年)
「右手愛美 arcobareno- アルコバレーノ -」 (3code/2005年)
「右手愛美JUMP !」(コナミ/2007年)

[ ビデオ ]
「リメイクラブ」(タカラ店頭用VP/2003年)

[ スチール ]
「エンジェルブルー」「デイジーラヴァーズ」(ナルミヤインターナショナル/2002年)

[ その他 ]
◆イベント◆
大手水着メーカー「三愛」水着ショーモデル(2006年)
ゲームソフト「428~封鎖された渋谷で~」(Wii、PSP/2007年)
「ピチレモン春・夏まつり」(学研)
「ファッションショー・撮影会」(ナルミヤインターナショナル)レギュラー
1st Maxiシングル「虹のトビラ」発売記念イベント in 秋葉原
「右手愛美 LIVE Page1 in MUJICA」発売記念イベント in 秋葉原
新舞子サマーフェスティバル Radical Tracks Presents「Beach Breeze2005」
新星堂セントラルパーク店 インストアライブ
VIRGIN MEGA STORE名古屋みなと店 インストアライブ
新星堂アピタ江南西店インストアライブ
新星堂カラフルタウン店インストアライブ
表参道FAB リトル レンズ 4th ゲスト出演
「右手愛美arcobareno アルコバレーノ」「GROWING UP」DVD発売記念合同イベント
ピチモでドラマ先行試写会
右手愛美2ndマキシシングル「あたしのとなり」発売記念イベント
「ピチモでドラマ」DVD発売記念イベント
「マリン ダイビング フェア」モルディブブース
「エクササイズビューティー2006」
「TOSHIBA presents 2006 FIFAワールドカップドイツ大会 開幕直前イベント」
「Aiai Music Carnival Vol.9 」
「Hello Summer GOGO stadium vol.1」
右手愛美メジャー移籍第1弾シングル「GO-GO-Fighteen!」発売記念イベント
GOOD STAFF ORODUCENIGHT Feam リリースライブ!@アイドルステーション