小早川 毅彦

小早川 毅彦

Kobayakawa Takehiko

元プロ野球選手・野球解説者

 

生年月日
1961年11月15日

 

血液型
A型

 

出身地
広島県 広島市安芸区

 

サイズ
身長 183cm・体重 81kg/B 102cm・W 89cm・H 99cm
足のサイズ 27.5cm or 28cm

 

趣 味・特 技
MLB球場巡り、将棋、ゴルフ、釣り、映画鑑賞、美術館・水族館巡り、
旅行、城・遺跡巡り、料理、愛犬の世話

 

略 歴
中学より野球を始め、PL学園では2度の甲子園出場を果たす。
法政大学に進学し、1年春から4番1塁でデビュー。
東京六大学野球で三冠王、日米大学野球で首位打者に輝く。ベストナイン5回。
1984年ドラフト2位で広島に入団し、新人王獲得。87年、山本浩二氏の引退後“広島の四番”に座り、9月20日 巨人戦では江川卓氏を後に引退を決意させたというホームランを放つ。
24本塁打・93打点でその年の最多勝利打点王を獲得する。97年にヤクルトに移籍。
開幕の巨人戦で、史上3人目の開幕3打席連続本塁打を放つなど、優勝に貢献。
99年シーズン終了後引退、16年間のプロ野球生活に終止符を打つ。
〔通算成績〕
1093安打、171本塁打、626打点、打率273。
4度のリーグ優勝、2度の日本一、2度の球宴出場を果たす。
〔選手歴〕
広島東洋カープ(1984-1996)、ヤクルトスワローズ(1997-1999)
〔コーチ歴〕
広島東洋カープ 打撃コーチ(2006-2009)

お知らせNEWS

ピックアップ情報PICK UP

講演のご依頼をお待ちしています

 

講演テーマと内容

 

【企業・マネジメント向け】
■講演タイトル
「勝ち抜くためには、何が必要か!」

■キャッチ
チームワークとリーダーシップ
■公演ポイント
企業や地域社会、また学校など、いろいろな場面で、それぞれチームが存在し常に成果を求められています。
高校・大学・プロ野球、常に4番打者という重責を担い、チームリーダーとしてチーム全体を引っ張ってきた経験をもとに、
勝ち抜くためのチームワークとリーダーシップについてお話をします。

 

【医療・福祉団体向け】
■講演タイトル
「病気に勝ち、自分に克ち、私はプロの道を歩んだ。」

■キャッチ
負けない心を!
■公演ポイント
医療の進歩は、さまざまな難病も克服してきました。
しかし、実際に病気と闘っている方やその家族にとっては、不安や悩みが尽きないと思います。
講演では、自分自身が3歳で「ネフローゼ」を発病し、12歳でそれを克服、
プロ野球選手として活躍した体験からエールを送りたいと思います。

 

【一般・ボランティア団体向け】
■講演タイトル
「成功は、自分の努力と人の支えの賜物。」

■キャッチ
生きるということ。
■公演ポイント
人はみんな、さまざまな才能をもっています。しかし、才能だけで成功するほど甘いものではありません。
目標を揚げ、努力を続けるプロセスがあり、それを支えてくれる周囲の人々がいて、可能性が広がり、初めて成功するのです。
講演では、野球人生を通して学んだ、自分自身の努力や支え、支えらえることの大切さを伝えます。

 

【その他 講演テーマ】
『継続の大切さ』
『人として~野球人として~』
『負けない心の育て方』
『強いチームのあり方』
『言葉の大切さ』
『指導力』
『人として~伝えたいこと~』
など

メディア出演MEDIA

※放送日時、内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【5月】
5月10日(火)
NHKBS1 22:50~23:35 「ワースポ×MLB」

5月12日(木)
NHK総合広島 19:30~20:49 「プロ野球『阪神』対『広島』」

5月17日(火)
NHKBS1 18:15~22:00 「プロ野球『西武』対『ソフトバンク』」

出演歴HISTORY

<現在出演>
[ テレビ ]
<解説>
■NHKプロ野球解説
■NHK MLB野球解説
■NHKBS1
「ワースポ×MLB」
「スポーツ酒場“語り亭”『とことん大谷翔平 二刀流で大活躍!進化の秘密』」
「スポーツ酒場“語り亭”『2022年 新春スポーツ巻頭言』」
■テレビ東京
「トラジマスターズ2022」

[ ラジオ ]
■NHKラジオ
「さきどりプロ野球2022」

[ 掲載誌 ]
■週刊ベースボール(2022年1月17日号)【お正月特別企画】<昭和ドロップ>~広島東洋カープ編~川口和久×金石昭人×小早川毅彦 対談
■週刊プレイボーイ (2022年2月7日発売)「プロ野球・新外国人『全員来日NG!』でチャンスをつかむのは誰だ?」

[ コラム ]
■サンケイスポーツ「ベースボールカルテ」
■サンケイスポーツ「打診球診」