山中 伊知郎

山中 伊知郎

Yamanaka Ichiro

生年月日
1954年(昭和29年)12月28日

 

出身地
東京都

 

学 歴
1978年早稲田大学法学部卒業

お知らせNEWS

出演歴HISTORY

<現在の放送作品>
[ 書籍 ]
~著 書~
「人の心は腸にあり」(山中企画)
「自衛官になるには 改訂版」(ぺりかん社) 
 
~雑誌他~
「浦議」(浦和レッズコラム)      

[ 講演 ]
年1~2回程度
「浦和がなくなる日」(風鹿社2001年4月発刊)で浦和・大宮の合併について書いたことから、同じ埼玉県深谷市青年会議所から講演依頼があり、2002年7月に市町村合併についての講演を埼玉県桶川市にて行った。
2004年には「那須で健康になる」と題してさいたま市と地元・栃木県那須町で講演。
2011年、2012年には栃木・宇都宮、大田原で健康とお笑いに関して講演。

*若手タレントの育成の為に、「お笑いダイナマイトショ-」を企画立案。
*2003年より「浅井企画放送作家セミナー」2004年より「浅井企画お笑いタレントセミナー」の運営者として活動。
2005年より「那須お笑い学校」の運営者としても活動。
また2009年より大田原市主催「健康お笑い講座」の運営者としても活動。
現在も継続中。


<主な放送作品>
[ テレビ ]
■NHK
「クイズ百点満点」脚本
■NHK教育  
「ファイト!」出演
■TBS
「スケバン刑事」脚本
「ギャグ満点」出演
■フジテレビ     
「Mars.TV」
「ウモクビ」出演

[ ラジオ ]
■TBS-R     
「永六輔の土曜ワイド」作家、出演者として
「それゆけ!洋七、元気丸」
「岸谷五朗の東京レディオクラブ」

[ 舞台 ]
「カンコンキンシアタ-」(1989年~)

[ 書籍 ]
「なつかしのウルトラ・テレビっ子クイズ」(CBSソニ-出版/1986年)
「超メディア人の挑戦」(翔泳社/1986年)
「大善行」(主婦と生活社)
「チョットいい犯罪」(図書新聞/1996年)
「頭髪のすべてがわかる本」(日本実業出版社)
「関根勤は「天才」なのだ」(風塵社/1997年)
「3分間で本音を引き出す法」(明日香出版)
「職人になる!」(明日香出版)
「オヒョイさんになりたい」(風塵社/1998年)
「村上ショ-ジVS剛州」(風塵社
「シナリオライタ-・放送作家になるには」(ぺりかん社)
「浦和レッズ至上主義」(風塵社)
「お笑いタレントになるには」(ぺりかん社/1999年)
「元祖AVスカウトマン ヨッちゃんが行く」(風塵社)
「ラジオの鉄人・毒蝮三太夫」(風塵社)
「浦和レッズは負けない」(ザ・マサダ/2000年)
「得する上手な弁護士の頼り方・選び方」(ゼスト)
「勝て!!浦和レッズ」(廣済堂出版)
「職人になる本」(永岡書店)
「高田純次★祭り」(風塵社/2001年)
「浦和がなくなる日」(風塵社)
「吉野家!」(廣済堂出版)
「これが原価だ!!」(インタ-メディア出版)
「自衛官になるには」(ペリカン社/2002年)
「いくよ、二郎さん はいな、欽ちゃん-小説コント55号」(竹書房)
「ダンサ-になるには」 (ペリカン社/2002年)
「分かりやすい、これが原価だ!!2」(インタ-メディア出版)
「浦和レッズ○祝優勝」(長崎出版/2003年)
「これが年収だ!」(長崎出版)
「スクール★ウォーズを作った男」(洋泉社/2004年)
「これが買い時だ!」(長崎出版)
「関根&ルー100歳の挑戦」(飯塚書店)
「なぜ浦和レッズは強くなったのか」(長崎出版)
「昭和三十年村」作ります」(日新報道)
「お笑いテレビタレント史」(ソフトバンククリエイティブ/2005年)
「がんばれ!吉野家」(長崎出版/2006年)
「テレビ業界で働く」(ペリカン社)
「ぽっくり往生するには」(長崎出版)
「昭和30年代村」(日新報道/2007年)
「話しベタほど『会話上手』になれる本」(扶桑社/2007年)
「お笑いタレント化社会」(祥伝社新書/2008年4月) 
「6万人の熱狂 浦和レッズサポーター群像」(KKベストセラーズ/2009年3月)
「放送局で働く人たち」(ぺりかん社/2010年)
「職人になるガイド」(新講社) 
「健康増進のためのお笑いレッスン」(愛育社) 
「小説・コント55号」(竹書房/2011年)
「30秒で誰とでも打ちとけられる会話術」(扶桑社)
「弁護士になるには」(ぺりかん社/2011年)
「ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木」(山中企画/2012年)
「「心の病」は腸を診れば治る!?」(山中企画)
「探検!ものづくりと仕事人」(ぺりかん社)
「元気になる毒蝮三太夫語録」(山中企画)